Loading...

まちの“これまで”の歩み

都心からいちばん近い森のまち、誕生。

かつて、のどかな田園風景が広がり、豊かな自然に恵まれた「流山おおたかの森」周辺は、2005年、つくばエクスプレス(TX)の開業により、アクセスに優れた「都心からいちばん近い森のまち」となりました。

流山市が掲げる“森の再生、緑のまちづくり”をめざすビジョンに賛同した私たちは、「森のタウンセンター構想」を開発コンセプトとし、単に緑化された街づくりをするのではなく、森の中でエコな都市生活を送ることができる「まち」の創造をめざしました。

そして、2007年春、新しい郊外型SC「流山おおたかの森S・C」が誕生、都心へのアクセスの良さと郊外の落ち着いた暮らしを兼ね備えた「流山流のライフスタイル」として、“森のある豊かな自然の中で子育てをしながら、駅前でショッピングやイベントが楽しめる上質な暮らし”を、ここに具現化しました。

その後も、ここに暮らす人たちの多彩なニーズに応えるため、利便性や快適性を向上するための施設を続々とオープン、森のまちに新しい魅力と賑わいを育んできました。

2013年
NAGAREYAMAおおたかの森GARDENS ハナミズキテラス
学習塾や美容サロン、医療機関などを備えた複合施設

2014年
流山おおたかの森S・C ANNEX
家電量販店や大型スポーツ店、ペットホテルと動物病院を併設した総合ペットショップなどの専門店を揃えた商業施設

2015年
NAGAREYAMAおおたかの森GARDENSこもれびテラス
保育所、学童保育施設などを備えた、地域の子育て環境の充実をめざした施設

2018年
こかげテラス
飲食店や生活雑貨店など、日々の暮らしをサポートする駅高架下の商業施設

2007年
TXグランドアベニューおおたかの森
※2018年 運営会社取得

これからの歩み

「成長」から「成熟」へ
森のまちの新しいステージ

こうして育ってきた「まち」が時を経るにしたがって、そこに暮らす人々もまた徐々に変化・成長を重ね、そのライフスタイルは移り変わります。家族が増えたり、子供が大きくなったり、また年齢を重ねることで、暮らし方や趣味嗜好が変わったり。

私たちは、そうした人々と生活と人生の移ろいに寄り添いながら、そこで求められるニーズの変化に対応していくため、「流山おおたかの森S・C FLAPS」を含む3つの新規プロジェクトにより、新たな都市機能を拡充し、「成長」から「成熟」へ、まちづくりを新たなステージへと進化させています。

「流山おおたかの森S・C FLAPS」

子育てファミリーが楽しめる個性的な店舗構成と、駅前の南口都市広場と連動したコミュニティの場ともなる商業施設で、まちが新たなステージへ “羽ばたく(FLAPS)”との思いを込めて名づけられました。

広場に向かって、開放的なひな壇状のテラスが屋上までつながる特徴的なデザインで、駅から続く木質のデッキが、広場を囲むように弧を描き、駅と各施設を人の流れでつなぎます。

樹々があふれる広場は、「まちのリビングルーム」をコンセプトに、小さなスケール感の“セミプライベート空間”とすることで、日常的に外暮らしを楽しめ居場所を設けています。

多様な働き方に対応したワークスペース 「NAGAREYAMA おおたかの森 GARDENS アゼリアテラス」

流山おおたかの森駅周辺エリア初の複合オフィスビルで、多様な働き方に対応できるワークスペースとして、シェアオフィスなどを導入し、オフィスサポート機能(飲食・サービス)も整備、「働く」と「暮らす」の共存をかたちにした快適なオフィス環境を提供します。

近隣住民が日々集うコミュニケーションモール 「流山おおたかの森S・C ANNEX 2」

デイリーに使いやすい生活サポート機能やカルチャーやウエルネスなどを通じて、多世代が交流する地域コミュニティの場を提供する施設です。

Who we are?

「共存共栄」のその先へ

私たち東神開発株式会社は、二子玉川での創業以来、地域に根ざし、 地域と共に成長していく『共存共栄』を基本理念に、事業活動を推進してまいりました。
持続可能な世界を目指すSDGsの達成に向けても、共存共栄の基本理念を土台として、 グローバルに誇れるまちづくりを実践してまいります。

東神開発株式会社 コーポレートサイト